ブレスワーク体験@東京で自分を潜在意識から変えていきましょう。それはまるで子供のの頃世界が幸せで鮮やかだった記憶を今に呼び起こすようなもの。誰でもない一番大切な自分を取り戻す呼吸の旅、それがブレスワークです。

よくあるご質問

ブレスワークは初めてですか。
そんなあなたによくある質問をご用意しました。

Q: ブレスワークとは何ですか。

A: ブレスワークは世界各国で行われているストレスリリースの手法の一つです。

私たちは日常の生活の中で、なかなか呼吸をゆったり意識してすることがありません。例えば、パソコンで仕事をしているとき、スマホでゲームをしているとき、無意識に呼吸が止まっていませんか。もちろん、それで息苦しくなることはないかもしれませんが、取り入れている酸素の量が少なっているかもしれません。

そのような生活を長い間続けていると、体に酸素が足りない状態になり、酸素はエネルギーですから、エネルギー不足で元気がなくなるかもしれません。

呼吸を意識して行うことによって、体の細胞が活性化し、血液がアルカリ性になり元気になるというのがまず大きな効果です。

また、そのような状態で呼吸を続けていくと、意識を保ちながら、深層意識にアクセスすることができるようになります。

そして、記憶の奥に眠っていた過去の思い、体の感覚が思い出され、それを呼吸を続ける中で手放していくのがブレスワークです。

Q: 過去の記憶を見つめるのは危険ではないですか。

A: このブレスワークは穏やかにゆっくりと記憶を浮かび上がらせていきます。基本的にあなたが手放す準備ができたものです。

例えば、今大人のあなたが、子供の頃の記憶を見たとします。幼稚園でいじめられた記憶が浮かび上がってきたとしましょう。大人のあなたは、たとえ子供の頃の記憶を見たとしても、子供の頃のようにちぢこまってしまう必要がないことを知っています。

そのいじめの体験を生き延びてきて、知恵を備えたあなたは、昔の記憶に打ちのめされる必要はないのです。強いのですから。

過去はもう必要がないことを自覚するとき、過去の記憶がどんなものであったとしても、乗り越えることができるのです。手放すことができるようになります。過去ではなく、今に生きることができるようになります。

呼吸を通してそのことが可能になります。

Q: ブレスワークで幸せな感覚を得ることができると聞きました。自分を変える 新しい人生に続く6つの旅

A: ブレスワークで平和な感覚を感じる方は多くいらっしゃいます。大きなエネルギーが体の中をぐるぐるめぐる感覚を覚える方もいらっしゃいます。そのような段階に達することができたら、それをさらに深く、大きく体の隅々まで感じることをお勧めします。

そして、自分の体の中に何かすごい可能性があることに気が付くことでしょう。

Q: ブレスワークで体がしびれたり硬直したりするそうですが。

A: 私たちの日常の生活の中では、意識して呼吸をする機会はあまりありません。体のしびれや硬直は、そうした呼吸で酸素が足りない部分が刺激を受けている可能性があります。ブレスワーク中に呼吸で酸素を送っていくと体が反応して様々な感覚が浮かび上がってきます。しびれや硬直もそんな感覚ですが、日常生活の中で知らず知らずのうちに体と心にため込んでしまったストレスや家族や社会からのしがらみ、責任などが多いようです。体が重いという形ででることもあります。感覚が出る場所によって何をためていったのかわかることもあります。

また、エネルギーが足りない、滞っている部分に酸素がいって刺激されている場合もあります。例えば、胃の調子がよくない方は胃のあたりに違和感を感じたり、言いたいことを無意識に飲み込んでしまっている方はあごのあたりにしびれを感じたりするようです。

こうした感覚は必ずしも不快感ではなく、開放の一つとして感覚を楽しまれる方もいます。いずれにしても、ブレススワークが終わると普通の状態に戻りますので安心してください。

Q: どんな方がセッションを受けられていますか。

A: 男女ともに年齢は20代から50代くらいの方がお越しになっています。

ブレスワークを受けられるきっかけは、呼吸が浅いと思っている方、マインドフルネスなどの瞑想を行っている方、毎月のテーマに興味を持った方、自律神経を整えたい方、精神社会に興味がある方などがいらっしゃいます。

また、一般の会社員はもちろんのこと、コーチや心理カウンセラーといったいわゆる心の課題を取り扱う方、ヨガや整体といったボディワークで職業柄呼吸の重要性を理解されている方も参加されています。

Q: グループセッションと個人セッションの違いは何ですか。

A: グループセッションでは複数の方が参加されるので高い波動の中で“自然と”浮き上がってくる感情や記憶を開放していきます。一方個人セッションはご自身の課題のコアとなっている部分に直接アクセスしていき働きかけていきます。グループセッションと個人セッションは全く違うものです。個人セッションの時間が長いとより多くの課題を取り扱うことが出来ます。

お気軽にお問い合わせください

Translate:

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © アルーナ All Rights Reserved.
Translate »